R-STOREスタッフが街を深堀り!きっと住みたくなる街が見つかります。

広尾

2014.08.18

広尾

担当=高田 美和子

憧れの街、広尾。

超高級住宅街のイメージが強く、足を踏み入れたことない方も多いのでは?
ということで、広尾を少しでも身近に感じてもらいたい!そんな思いで街を歩いてきました。

 

R6096467

 

日比谷線広尾駅、広尾橋交差点に面した改札は決してキレイとは言えないかなりこじんまりとした雰囲気です。

 

R6096482

 

こちらは、広尾橋の交差点。

交差点の一角には広尾のシンボル広尾プラザがあります。
高級輸入食材店の明治屋ストアをはじめ、雑貨屋・レストランなどが入居した複合ビル。

 

明治屋

 

 

元々明治屋の倉庫だったものを昭和52年に店舗に改築したのが始まりだそう。
全体的にお値段はお高めですが、明治屋さんのこだわりのもと、厳選されたものだけが店頭に並びます。


そしてこの交差点に面して、いつも賑わう商店街、”広尾散歩通り”。

 

R6096487

 

 

国際的な雰囲気と昔ながらの下町感の同居する、ちょっと不思議な通りです。
なつかしい雰囲気の八百屋さんや惣菜屋さん、ドラッグストアや居酒屋さんに並び、英語メニューの貼ってあるラーメン屋さんがあったり、カフェがあったり。

 

R6096497

 

R6096527

 

大使館の多いエリアということもあり外人さんが多く、各国の言葉が飛び交います。
スタバテラス席の外人さんがサマになるなぁ、と眺めていたら、目の前をクラシカルなオープンカー!
ほんと、ここ日本だっけ?って感じです。

 

写真 (65)

 

 

そしてそんな雰囲気と対照的な老舗の銭湯”広尾湯”。
まさかの定休日でした・・。
隣には、お決まりのコインランドリーも。

 

あいにくの定休日・・

あいにくの定休日・・

 

創業なんと大正7年!
井戸水で薪を燃やすお湯の作り方は今も変わらず。
鉄分の多いお湯は体を芯から温めてくれるそう。
1度温泉気分で入ってみるのも楽しそうです。

 


さらに進むと、行列のできる人気店、AND THE FRIET。

 

アンドザフリッと

 

かわいらしいお店は、平日の日中でも待ち時間のでる人気ぶり。
季節ごとに厳選した6種の芋から、お好みの品種とカットを選んで、10種のディップやトッピングを組み合わせて楽しむ、フレンチフライ専門店です。
ベルギービールやオリジナルスムージーなどもあるので、あわせて楽しめそう。

 

いも

 

そろそろ疲れてきたので、前々から気になってたお店avecでちょっと休憩を。
1階はカラフルでポップなカトラリーやボディーソープなどのお店。
その奥にある小さな階段を上がると、こじんまりとしたビストロです。
とても明るくてかわいらしい店員さんに癒されました。
(残念ながら写真はNGとのことで、是非お店へ会いにいってきてください!)

 

R6096507

R6096514

R6096518

 

お腹も落ち着いたところで、お箸の専門店をのぞいてみました。

ナチュラルで安全安心なものから、きらびやかで特徴的なものまで、かなりのラインナップ。
ほとんどの箸には名入れができるそうで、プレゼントにもよさそう。

 

R6096560 R6096570

 

こちらは、 名入れの機械です。
簡易的なものであれば、その場ですぐにつくってくださるそうです。

 

さらに商店街を奥へ奥へ。
亀戸に総本家をおく、くずもち屋さん”船橋屋こよみ”。
2階にはカフェが併設。

R6096548

 

くずもちはもちろん、軽いお食事やかき氷なども楽しめます。
和の雰囲気が素敵です。
今日は時間がないので、かき氷の写真だけいただいてお店をでます・・。
うぅ。。次こそは。

 

店内 かき氷

 

 

 そして、お次は商店街の脇道へ。

とっても素敵な外観のヴィンテージセレクトショップ、Kio。
シャネルやエルメスなどのヴィンテージ品を扱っています。
残念ながら店内は、写真撮影できず…ブランド好きさんでなくても、是非1度足を運んでもらいたいお店です。

 

KIO

 

 

他にも庶民的なお店もたくさんありますが、商店街の〆におしゃれな雰囲気のお店をひとつ。
7月にできたばかりの広尾駅上のダイニングバー”141″
全ての人・材料にとって最良の選択を、というテーマを元に、和仏伊それぞれの修行をつんだ3人の料理人が創り出す様々なお料理が楽しめます。
ランチもありますが、こだわりの食材を使ったディナータイムがオススメだそう。
特別な日に、是非どうぞ。

 

R6096480

naikan01

 

 

ちなみに商店街では毎月第3日曜には朝市、毎年5月は大鮪祭り、10月には広尾フェアが開催。
大鮪祭りには、毎年1万人近くの人出があり、マグロ解体ショーの後みんなで新鮮な本マグロをお刺身やにぎりで楽しめます。

 


と。すっかり商店街を満喫したところで、広尾らしい雰囲気の西麻布方面へ。
麻布十番と広尾の間辺りは、大使館がたっくさん。
とはいっても何か用があるわけでもないですが、どこか日本離れした雰囲気はそのおかげなのかな、と思います。

そしてその手前には、麻布の地形を生かした丘や池、滝のある有栖川宮記念公園。

 

有栖川

 

さらにその向かいには、外国人向けの珍しい食材を多数扱う、スーパーNATIONAL AZABU。
この辺りにお住まいでない方も、1度中をのぞいてみるとおもしろいです。
お値段は、正直ちょっと高めです。。

 

ナショナル

 

そしてそして、有栖川公園と外苑西通りを挟んで反対側には、憧れの広尾ガーデンヒルズ。
6.6haの敷地内には、全15棟、1000戸を超えるマンションとスーパーマーケット、銀行、医院等があり、ひとつの街となっています。
その中には有名なフレンチレストラン、シェ松尾も。
駅近とは思えない、静かで落ち着いた緑溢れる環境がなんとも言えません。

 

ガーデンjpg

 

あーやっぱり緑につつまれてる時が一番しあわせ。
毎日こんなところで朝を迎えられたら言うことありません。

と、こんな夢のような環境や高級なお店もありながら、庶民的な商店街やお祭りも楽しめる、そんな不思議な街広尾。
あなたもぜひ1度訪れてみてください。

 

この街のお部屋を見る
^